崔 珉熏 従業員インタビュー

【自己PR】

Bizwelに入社する前は大学を通いながら、ダーツバーでバーテンダーをやっていました。浅く広く、なるべく様々な経験をしたく、自分で情報を探し、動画、音楽の編集やプログラミング、DJ、ゲームレヴュアー、通訳などをしてきました。本職を決めないと厳しい年になり、今までの経験上IT業界が自分に一番向いていると判断し、入社することを決めました。今は英語の能力を生かし、アメリカが本社である会社の日本側のネットワーク管理チームに所属しています。


【質 問】

Q. BZWに対してどのような印象がありますか?

Bizwelでの面接時、自分の今までの人生を順番をもって語りました。その際、形式的な反応ではなく、今後IT業界で必要なものに対する積極的なコンサルティングとBizwelと共に一緒に成長して行こうと言われた記憶があり、この会社なら自分を成長させていけると思ったのが初印象でした。その後、研修時期に結果物を出すことさえできれば、自由にプログラミングの勉強などができたので、自由な雰囲気の会社、成長することができる会社との印象でした。


Q. BZWで何をチャレンジしていますか?

最終的には各経験を元にしてPM(プロジェクトマネージャー)になりたいというビジョンがあります。ビズウェルのマネージャーの方からお話を伺ったり、各種媒体でのPMたちのインタビューや講義を何回か目にしたことがありますが、プロジェクトを統括する人は各分野での経験をもとにプロジェクトをマネージしていくというが一番大事だという印象でしたので、その目標までの経験を積み重ねていきたいと思っています。


関根 元輝

Q. BZWでどのように成長できると思いますか?

最終的には各経験をもとにしてPM(プロジェクトマネージャー)になりたいというビジョンがあります。各種媒体でのPMたちのインタビューや講義を何回かお目にしたことがありますが、統括する人は各分野での経験が一番大事だという印象でしたので、IT関連経験、IT関連資格習得と共に将来プログラマーとして活躍したいと思っています。今は未経験で入社したため、自分の業界での価値は非常に低いと思っています。その自分の価値を資格、経験、Githubでのプログラマーとしてのポートフォリオを作成することで高めて会社と共に成長していきたいです。


Q. 休日はどのように過ごしていますか?

休日はダーツの練習や、バーでのスポーツ観戦、野球観戦などに行っています。他、家でまったりゲームをしたり、勉強、仕事以外の時間はストレス発散ができるようにしています。料理も好きなので、ネットでレシピを探し、自分で料理を作り、バーテンダーの経験を活かしシェーカーでカクテルを作って楽しむ休日を送っています。


Q. 1日のスケジュールを教えてください。

出社する前まではYoutubeなどで英語の動画やニュースを見て英語感覚を養います。出社してまずパソコンを立ち上げて、メールのチェック、前任者からの業務の引継ぎを受けます。
対応、依頼、不具合などがあったらアメリカとの連携対応、無ければSQLを利用し監視活動をしています。他、日本環境に影響がある作業をする際にはアメリカ、日本支社との連携ブリッジに参加し通訳、対応をやっております。
退勤後は電車の中の時間を生かして講義受講し、降りてからは酒場、ダーツバーによるか、自炊でおいしい料理を作り大好きなビールを飲みながらYoutube、映画などを見て一日を過ごします。


Individual motivation

2016年入社
技術職
小杉 百合香
Yurika Kosugi

続きを見る

A family atmosphere

2017年入社
営業職
孫充一
Son Choong Il

続きを見る